小三宅自治組合

小三宅自治組合の記録

草田池・西ノ坊池の草刈り

今年は7月12日に草田池・西ノ坊池の草刈りがあります。 

 

5日に夫婦池の草刈りがあり、2夜遅い仕事のため、2週けては厳しいと判断したため、不参加とさせていただきました。

 

そのかわりというわけではありませんが、

草田池、西ノ坊池の管理は浅口市より3年前の平成29年度に小三宅自治組合に委託されたときのことを、残しておこうと思います。

 

管理と言っても、実際にするのは池の周りの草を刈るだけです。

(本来は大雨などの時、あふれて洪水をおこしたりしないかというような見回りも入っているのではないかと思います。が、ここではそれは考えません。)

 

その年度は私が組合長だったので、とんでもない話だと思い、
確認のため、市(金光支所)に赴きました。

 

なぜ、よりによって私が組合長の時に、こんなことをしなければならないのか、
それがわからなかったからです。

 

その時の市からの説明を、明瞭に覚えているわけではないので、
想像や先入観も交えて、そのとき理解した経過を、ご説明いたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

もともと頼んでいた人(Sさん、Nさんも推察できるが、おそらく、最終的にはHさん)が高齢でできなくなったために、土木委員の預かりとなり、土木委員が請け負う形で管理していた。初めは適当な誰かを人選していたが適当な人が見つからなかった。そこで、他のため池の管理などは自治組合がしているところもあるため、土木委員の裁量で小三宅自治組合に任せることにした。具体的には、平成28年度は土木委員が預かった状態で、小三宅自治組合(当時H組合長)が、草刈りをすることになったということだ。この草刈りには、自分も参加したし、Oさんも参加されていた。もちろん、SさんやJさんが中心になっていたのは言うまでもない。私以外は小三宅の精鋭メンバーだった。たぶん、それがよかったというべきか悪かったというべきか、土木委員から見れば、100点満点中300点というような状態で雑草が刈られていたのだと思う。結果、29年度は、土木委員の推薦を得て、草田池、西ノ坊池の管理は小三宅自治組合に委任されることになった。この経過からもわかる通り、土木委員も小三宅自治組合に「丸投げ」したわけではなく、1年間の移行期間があったわけだし、市からそれなりの管理料を引き出す交渉もしてくれているのだと思われる。みんながみんな一生懸命がんばった結果がこの委託というわけだ。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

上記は、「たぶんこうだったんじゃないか劇場」に過ぎず、すべてにおいて事実の裏付けがあるわけではありません。が、少なくともそのときの私はそのように理解し、この委託を受けることにしました。(もちろん「受ける」以外の選択肢はなかったのですが。)

 

草田池、西ノ坊池の管理が小三宅自治組合に任されることになったのは、いいことだとして、現実には組合長の自分が中心となって、草刈りをしなければならないわけで、「さあ、困ったぞ。」というわけです。

 

もちろん、「箸より重いものは持ったことがない」とまでは言いませんがが、草刈り機などその1、2年前までさわったことがなかったからです。難しい機械ではないですから、だれでも使えると言えばそうなのですが、「素人の極み」であることは免れません。

 

私は、「では、ため池のどの部分の草刈りをすればいいのか?」と、市の職員に尋ねました。


回答は、「西ノ坊池に関しては、コンクリートで護岸工事がされている部分(組合長引継ぎ書類に残っているはず)で、草田池に関しては文書としての記録は残っていない」とのこと。

 

「素人には危険だと思われる足場の悪い法面はしなくてもよいのか。」
「もちろん。安全第一だ。」
(私としては、「自分が3,4人いたとしてそれでも草刈りは可能か?」という想定で問答しています。)

 

もちろん、その問答の記録は残っていませんが、ありえない問答ではなく、今聞いても同じ答えが返ってきそうなありふれた問答だとは思います。

 

実際に、だれだれでやったかというと、厚弘さんやまこちゃんがいたのは覚えていますが、あとは川田浩さんぐらいしか覚えていません。実際、あまり多い人数ではなかったと思います。(これも引継ぎ書類の中に残っているはずです。)

 

市の方に、「実際にされていた方にお尋ねしながらされた方がよいですよ。」とは、アドバイスされていましたので、Hさんに相談しながらしました。

 

Hさんは、市の方が言われる範囲より広い範囲をされていたので、できるだけHさんの言うようにしました。西ノ坊池の北東岸のような場所に関しては、民地と接しているから(市の人がそう言っていた)と、言ってやりませんでした。

 

逆に草田池の法面は、「素人には危険」と判断しましたが、他の人たちはそんなことぜんぜんお構いなしだったので、全部やりました。

 

結果、市の基準からすると120点くらい、Hさんの基準だと80点で合格ぐらいかなあと思っています。(自分以外の人がしっかりしていたので、この点数は謙遜です。)

 

草刈りの後の草焼きもHさんにお願いしました。この後、市の方へ報告書を提出したので、市の方から点検が入っているはずです。何も言われなかったので合格、あたりまえですが、管理料も満額いただいております。