小三宅自治組合

小三宅自治組合の記録

西ごみステーションのカギ

 4月25日(火)の朝、Aさんから西ごみステーションのカギが開かなくなって、みんなごみステーションの前に置いているという連絡が入った。もっとも、朝早かったので、私は寝ていたのだが。私自身は8時ごろに起きてから母親から聞いたのである。

 業者がごみを取りに来る8時半より前にカギを開けないと、ごみステーションの中に入っているごみは持って行ってもらえなくなるから、とりあえず、むりやりカギをはずして、ごみステーション内にごみを入れた。

 で、問題はそこからである。カギのない状態をそのままにしておくわけにもいかず、水曜日にナフコで新しいカギを購入した。前と同じようなカギにしたが、うまく開かない時がある。400円くらいの安物だからいけないのだろうと考え、翌日、1000円くらいのに替えてもらった。 しかし、カギが変わると番号が変わる。番号を変えるというビラを配ったのは、さらに翌日のことだ。

 結局、切りのいい5月からということにしたのだが、過去、カギが壊れたときは似たようなカギで同じ番号にしたという。その方が混乱が少ないからだ。よく考えてみたら1000円くらいする方のカギは番号を自分で決められたのだ。(400円くらいの方は番号を自分で決められない)自分自身の愚かさにちょっとあきれたのであった。