小三宅自治組合

小三宅自治組合の記録

諸神講

 昨日、11月26日は諸神講(11月は金毘羅さん)があった。5時から直会があり、組合長は次年度の当番を決める儀式?をしなければならない。それはすぐ終わったのだが、直会に誰も来ない。当番が電話をかけてみると、身内に不幸があったとか。考えてみれば諸神講にいつも参加されるメンバーは親戚同士。じゃあ、同じ状況に違いないと。で、Jさんに電話をかけて呼んだというわけ。

 結局、ゲストは私とJさんのみ。もっとも、役員の人が参加したので、それなりに盛り上がり、「そろそろお開きに」の言葉は私がかけた。みんなよくしゃべる。話が尽きない感じだった。金毘羅さんも喜んでくれただろう。神様は民衆がわいわい騒いでいるのを見るのが好きだそうだから。

 それにしても、小三宅には神様が多い。諸神講は祇園様と牛神様と金毘羅様。それに今日、掃除と寄り合いがあった荒神様。夏祈祷に木野山様、観音様。お宮の掃除当番までえ言えば、ほんとうに神の住む国とでも言えるぐらいではないか。この神様の多さはどうにかならないのか。そう思うのは私だけではないのだろう。特に女の人が大変だと思う。料理は買うだけでいいとは言うものの、接待自体は骨だろう。掃除も多くは女性陣だ。

 諸神講で言えば牛神様は備前の田野倉神社のものならば、そこに返却に行くという方法もある。お礼参りで済むことだと思う。祇園様も金毘羅様も似たようなところがあるのではないか。ただまあ、これらはもとはと言えば、信心深いだれかが、それぞれ本山にお参りに行って御神体分祀したものだと思われるので、お返しして終わりとするのもどうだかなあ、と思ってしまうところがある。不満があるからはい止める、というのも案外難しい。

 

観音様南の倒木処理

 観音様南側の道路沿いの雑木林の木が倒れ、道路反対側の木に寄りかかった状態になっていた。9月の終わりごろだったろうか、これを見つけた人が危険だから、どうにかしてほしいと組合に届けがあった。

 市がどうにかしてくれるものだと思い、まず市に連絡し受理してもらったのだが、筋としては土木委員に連絡することらしい。土木委員に連絡すると「私有地のことは土地所有者の管理によるので、市(土木委員)としては、何もできない。」という。市の方もおそらく形だけ受理して、何をしてくれるというわけではないのだろうと思い、取り消しの電話を入れておいた。

 土地所有者であるIさんに電話をかけると、「動けないからEさんに頼みたい。Eさんに電話をくれるよう言ってくれ。」との返事。実際にEさんが行ってみて自分の手には負えないと判断。シルバーさんにお願いすることにした。 10月9日にはシルバーさんが問題の倒木を処理。切り刻んで雑木林の中に戻してくれた。

 実はこの話、民生委員を通じてシルバーさんにお願いするのに前後して、Iさん本人が入院するという事態に。実際、きょう11日現在、Iさんは入院中である。

第3回 役員会

第3回 役員会

                      9月10日

1) 10月1日(日) 道路愛護作業
  午前8時小三宅公会堂集合 午前11時ごろ解散予定
  (役員は7時30分に集合・準備)
    草刈り機(持っている人全員)
    軽トラック(溝掃除と同じ)
    ガソリン・混合油の準備
    パンと牛乳購入と配布、お茶の用意
    組合全体に対する案内は9月半ばに他の事項とともに回覧板にて
    総会、懇親会なし
    作業後鳥居など全体による祭りの準備
  解散後、役員により祭りの準備
  
    本役員会議題は以下の通り
     ① 作業範囲の確認(Hさん方前の東側についても含む)
     ② パンと牛乳、ガソリンと混合油担当者
     ③ その他

 

2)10月15日(日)  磐岩神社祭典  
  以下は例年とのすり合わせ
  10月1日(日)  道路愛護作業前‥灯籠から半紙をはがすため池に浸ける。
  10月1日(日)  作業後 鳥居の建立
                灯籠を池からあげて半紙をはがす作業
                子供神輿の準備(事前に警察署への届)
                神楽衣装確認とお面などの借用依頼
  10月5日(木)  額貼り(灯籠準備)日吉神社5個 磐岩神社18個
                公会堂に備品(筆など)があるかどうかの確認
            しめなわ作り(小橋仙太郎さんに依頼)
  10月7日(土)  小祭り(日吉神社)の額設置(17時~)笹2本、ろうそく要
            提灯は西に向けてつるす
  10月8日(日)  小祭り(日吉神社)の額撤去(17時~)
  10月14日(土)  本祭り(磐岩神社)の額設置 笹2本、ろうそく要
            提灯は東向き (のぼりはその右?)
  10月15日(日)  神楽衣装着付け(10時~) (面は借りる)
             Nさん 猿田彦稲田姫
             T1さん 大国主命
             T2さん 足名槌、手名槌
            食事(巻きずし、お吸い物) (11時半ごろ~)
            子供神輿関係者集合(12時15分ごろ~)
            (一部役員も引率)
            片づけ(鳥居も含む)、花開き(直会も含む)

 花開き(過去の例)
    1)料理 ・800円程度の折詰14個(役員+神楽同好会)
        ・おつまみ
     2)飲物 ・缶ビール 350ml×48本
        ・ノンアルコールビール 350ml×12本
        ・日本酒
        ・焼酎 1.8L  1本 
        ・お茶 1.8L 4本(御輿巡幸用共) 
        ・ジュース 1.8L 3本 
     3)その他 ・紙コップ 割りばしなど

 

  本役員会議題は以下の通り
   ① 額貼り(灯籠)・小祭り準備片付けの日時確認。
   ② 提灯の枠、しめ縄作りは小橋仙太郎さんに依頼。依頼者とお礼。
   ③ 神楽面等借用者、神楽着付け担当者。
   ④ 笹やろうそくの準備担当者
   ⑤ 昼食や直会の手配担当者
   ⑥ その他 (鳥居は役員だけで片付けるの?)


3)11月5日(日) 親睦会
   正午小三宅公会堂集合 午後3時ごろ解散予定
   会費 1人 500円
   カラオケ ビンゴゲーム
   一人 2000円くらいの食事(例 お弁当+刺身盛り合わせ+飲み物・おやつ)
    海鮮市場、魚好人、魚庄など

 

  本役員会での議題
   おおざっぱな方向性のみ

   具体的には祭りの準備や片づけの時を利用して決める。

 

 

夏祭り

 8月12日(土)午後6時より地頭下のちびっこ広場にて夏祭りが行われた。イントロ当てクイズに始まり、ラムネ早飲み競争、サイコロゲームなどちびっ子を中心としたgゲームが繰り広げられた。そしてメインのビンゴゲーム、最後は花火大会である。もちろん、どのゲームもくだらないのだが、夏祭りのイベントなんてそんなものだろう。少子化の進む地域で、子供が盛り上がるようなイベントはそうそうない。これでよかったのだろうと思う。

 屋台は安芸の会が中心となり、焼きそばやビール、串カツなどを出していた。区からは福祉委員によるかき氷と冷たいジュースの販売。伝統の焼き鳥屋台が出ていた。これらも毎年変わり映えがしないものではあるが、作ったり売ったりする側に立てば、一つ一つが結構大変なものである。

 昨年まで観客としてすらほとんど参加しなかった夏祭り。たった3時間ほどの行事の準備や片づけにずいぶん時間や労力がいるものだと感じた。実際のところ、5月の溝掃除の日に一度、会議があって7月の終わりに2回目があった。それはそれとして、準備に入ったのが8月11日午後4時から2時間程度。12日の当日に午前8時から始めて終わったのは11時を回っていたと思う。さらに午後4時から最終の準備である。行事が終わった後もおおざっぱに片づけがあった。(このときは打ち上げも兼ねていた。)さらに翌日の片づけ。

 3時間のイベントのために、7,8時間の準備片付けが必要なのだ。そういうもんだ、とは思うものの、そういうもんかなあ、とも思う。世の中大切なのは準備と片づけである。

溝掃除当日

 5月21日(日)が溝掃除当日。朝7時半集合だったので、15分か20分ぐらいに公会堂に行った。そしたら、TさんとMさんがもう来ていて何か話していた。Mさんから、荒神様より北なんじゃけど・・と。

 あそこはハザードマップにも載っている危険地帯。生活に関係ないからと言って「しない」で済むところではない、とういうのだ。役員会でもそう言ったじゃろうと。もしかしたら、そうだったのかもしれない。土木委員に尋ねることだけを考えていて、組合としてその必要性をあまり考えていなかったからかもしれない。

 1年しなかったら草に根が伸びて、掃除が大変なことになる。あとあとのことを考えれば、やらないわけにはいかないところなのだ。軽トラで土を運び出す作業はいらないが、そこはやっておこうと、急きょ変更した。

 あとは、解散前の集合時に最後の軽トラが遅れてしまったことが気になる。結果的には、「待つ」という形でみんなを拘束してしまったのだ。お昼時だから暑かったし、おなかがへっていたのに。「ビールがほしい」という人もいただろう。もっと早く決断して、あいさつして解散すればよかったなあ、と少し後悔している。

 

農地維持組合作業

農地維持組合作業について

  (旧名 河川愛護作業 いわゆる「溝掃除」)

1)目的

   河川水路の環境保護意識を高め、良好な河川環境を維持することを目指して、協

          働による清掃活動を通じ、組合員の親睦をはかる。

 

2)実施日時

   平成29年度5月21日(日)午前8時小三宅公会堂集合

                 午前11時ごろ解散予定

3)実施場所

      別紙① (北部の水路は荒神様まで) 添付していません

 

4)作業内容

①     水路の手入れ・・水路斜面等の草刈り作業

②     流水断面の確保・・河川、水路、側溝、土管等に堆積した土砂、落ち葉、漂流物

  等の取り除き

③     ①②で発生した草や土砂を八重地区の金光町下水処理場敷地内(別紙②)に搬入

 

5)留意事項

     ① 当日、草刈機をお持ちの方は公会堂まで草刈り機をお持ちください。

                ② 軽トラックをお貸しいただける方(それぞれ依頼させていただいており

       ます)は、必ず免許証を携帯していただくようお願いいたします。

     ③ 夫婦池より北と南に分かれて作業します。女性や高齢で体力に自信のな

       い方は、刈った草を集めたり、北部水路の落ち葉を取り除いたりするな

       ど無理のない作業をお願いします。

     ④ 9時半ごろにパンと牛乳を配達、また、公会堂には冷たいお茶を準備し

       ています。それぞれ休憩をとったり、水分を補給しながら安全に作業を

       進めてください。

     ⑤ 当日は総会、親睦会をおこないませんが、解散時に公会堂前にお集まり

       いただき、新役員紹介といくつかのご連絡をさせていただきます。自分

       の分担が終わってもお帰りにならないで公会堂前でしばらくお待ちくだ

       さい。

西ごみステーションのカギ

 4月25日(火)の朝、Aさんから西ごみステーションのカギが開かなくなって、みんなごみステーションの前に置いているという連絡が入った。もっとも、朝早かったので、私は寝ていたのだが。私自身は8時ごろに起きてから母親から聞いたのである。

 業者がごみを取りに来る8時半より前にカギを開けないと、ごみステーションの中に入っているごみは持って行ってもらえなくなるから、とりあえず、むりやりカギをはずして、ごみステーション内にごみを入れた。

 で、問題はそこからである。カギのない状態をそのままにしておくわけにもいかず、水曜日にナフコで新しいカギを購入した。前と同じようなカギにしたが、うまく開かない時がある。400円くらいの安物だからいけないのだろうと考え、翌日、1000円くらいのに替えてもらった。 しかし、カギが変わると番号が変わる。番号を変えるというビラを配ったのは、さらに翌日のことだ。

 結局、切りのいい5月からということにしたのだが、過去、カギが壊れたときは似たようなカギで同じ番号にしたという。その方が混乱が少ないからだ。よく考えてみたら1000円くらいする方のカギは番号を自分で決められたのだ。(400円くらいの方は番号を自分で決められない)自分自身の愚かさにちょっとあきれたのであった。